2014年04月07日

エンジンオーバーホール

今作業していますE/GのO/Hの模様です。
s-画像 004.jpg
突き出しオーバーの77XLCRのヘッド
元々シートリングの入って無い鋳鉄ヘッドにリング仕込んで
バルブ突き出し量整えました。
すり合わせ後光明丹のオレンジリングが美しいです。

s-画像 006.jpg
突き出OKって事でスプリング長合わせます。
ちなみに調整はロワカラーの下にシムを入れて調整します。
年式別に3種類出ております。
s-画像 011.jpg
これは83ショベル!
当時の香りプンプンのCHOPPERになる予定!
その模様はまた後日。
s-画像 021.jpg
こちらも同様セット長合わせます。
ちなみにナチュラルポリッシュヘッド?!
s-画像 022.jpg
クランクケースも!!
組み上がったら細かくご紹介します。
s-画像 014.jpg
これはダメージが酷くて残念ながらヘッド交換になった81ショベル!
新品ヘッドです。
チョコチョコ対策は必要ですが悪く無いです。
s-画像 013.jpg
アメリカの匂いプンプン(笑い)なオレンジS/Pは強すぎるので
良わい奴に交換します。
追加ちょっと頼りないカンカンシール?!
もバイトンシールに打ち替えます。
こちらもセット長合わせは必要でした。
s-画像 017.jpg
んでんでロッカーカバー!
定盤の上でひたすら面だしです。
s-画像 024.jpg
こんなにあります。
s-画像 023.jpg
GOOD!
地味ーな作業で少し骨が折れますが必要不可欠な作業です。
が面出し後はとても清々し気持ちになります(笑い)
s-画像 020.jpg
んじゃお次はロッカーアーム行きましょう。
系16本D8です(ウソ)
アメ車屋さん(車)も大変ですね(笑い)
s-画像 018.jpg
交換用のブッシュ類やB/G等です。
腰下の部品も入っています。
いっぱいです(汗)
s-画像 019.jpg
ちなみにコレがフライホールパーツ!
シャフト類は全てJIMS製を使用します。

ではではロッカーのブッシュ打ち替えに参りましょう!
って事ですが長くなりそうなんでまた次回お伝えしまーす。

乞うご期待。


posted by トッポジョージ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

5SP ショベルT/M O/H

珍しい5SPショベルT/MのO/Hの模様!
画像 010.jpg
いきなり全分解の写真ですみません。
ちなみにメインシャフト カウンターシャフト共に同じギヤを
数点使用していますのでごちゃごちゃにならない用気を付けましょう!
これでもしっかりマーキングしています(笑い)
画像 012.jpg
こんなSSTで脱着します。
これはメインドライブギヤのリムーブ機能はありませんが
古いBDLクラッチドーム(アルミの丸い奴)を削って外す事が
出来るようにしています。

今回の内容はメインシャフト&B/G交換、一部対策です。
T/Mは特にギヤの相性が重用ですので使えるギヤは使う!
基本ですね。
ついでだからって交換すると逆に悪くなることもあります。

摩耗が激しくかなりオイル漏れをしていました。
画像 005.jpg
メインシャフト&B/G類はJIMS製を使用します。
内部系部品は信頼出来るメーカー以外は使わない。
使えないです。。

これはE/Gにも言える事ですが。。。

画像 011.jpg
では組込!
s-画像 009.jpg
まずはメンドラB/G。
ジグを使って圧入します。
s-画像 016.jpg
ケースにはこんな感じ!
s-画像 019.jpg
んでサイドドアに!
T/Mは圧入のオンパレードですね。

すみません。
この後の写真けっこう撮り忘れていました(涙)
んで全てのギヤ組み上げて。。。

s-画像 016.jpg
んでんでドラムシフターの調整です。
シムで距離と遊びを調整します。
s-画像 017.jpg
5SPで一番トラブルの多いシフターポール!
対策品に交換しました。
ココが壊れるとシフティングが全く出来なくなったり
シフトが戻らなくなってりします(涙)
ここの組込も調整が必要です。
これまた写真撮り忘れました。
この2つの調整はシフティングにかなり影響出ます。
<s-画像 011.jpg
んで最後に駄目だったのがコレ!
写真では解りずらいですが
リリースシャフトホール楕円に削れてます。
トッポジョージもあまり把握していなかったのですが
ショベル5SPのサイドカバーはリリースシャフトホール
ブッシュもシールも何もないみたいですね。
それ以降の年式からブッシュとシールが入るみたいです。
上に飛び出ている穴なんでそんなにシビアでは無いですが
摩耗が進めばクラッチにも影響出るでしょうね。

どうにかレイトモデルの物が残っていましたので
シャフト共に交換しました。

って訳で完成です。
EVO 5SP T/Mと殆ど作りは一緒ですが
数点違う所があります。

追加ジャダーが酷かったので修理しました。
s-画像 033.jpg
インナープライマリーはワイヤーロック!
これで安心◎
s-画像 004.jpg
って言う訳で5SPショベルT/MのO/H終了です。

T/Mの修理依頼4/5SP共にお待ちしておりまーす。
不具合ある方はご連絡下さい。
posted by トッポジョージ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。