2014年12月25日

アイアン クラッチ

次回はカスタムネタをって感じでしたが
またまた修理ネタです。

色々とイワク付きのあるアイアンスポーツのクラッチの
修理&対策の模様です。
画像 039.jpg
71年以降の湿式クラッチ用S/P!
何かショックS/Pみたいにかなりゴツイです。
画像 030.jpg
こんなSSTで脱着します。
当然こんな極太S/Pなんで重い切れないNO1のかなり手強いクラッチです。
軽く切れを良くするためプレシャープレートナット緩めて調整するとこれまた
直ぐに滑るジャダるという代物(涙)

ちなみに70年までは乾式で軽いんですがこれまた完全な乾式クラッチなんで
オイル等が少し着くとすぐに滑ってしまい洗浄が必要なとこれまた
面倒でアイアンのクラッチはどれをとっても中々中々なんですよ(汗)
018.jpg
って訳で噂のナイスさんのライトクラッチ使わせて見ました。
インナーのみ交換します。
画像 038.jpg

011.jpg
んでB/Gもかなりガタがありましたのでハブ リリーシング共に
打ち替えしました。
写真撮り忘れましたがフリクションはバーネットを使用しました。

んでんでクラッチ組んで早速握って見ましたがヤバいです!

マジで指2本で握れます!!

アイアンクラッチはそんなに甘くないよ〜って高速チェックしましたが
滑る気配ゼロで切れも問題なしでした(凄い)
相当研究?したんでしょうかね。
かなり良い対策部品です。
006.jpg
って訳で車両はこれ!
XLCR滅茶苦茶早いです!
ちなみにカスタムはキャブとポート研磨のみです。
軽い空ぶかしで4000回転以位上軽く上がります!
タコメーターの動きが違いますね。
走らなくても走りが想像出来ます。

当然走るとシビレます!!
まだ慣らし中なんで控えめですが。。。

早く回したくて我慢するのが辛いです(笑い)
全開咬ましたらどうなるのでしょうか?

まあブレーキ強化しないと怖いでしょうね。

ちなみにコーナー性も凄く良かったですよ。
かなりの高圧縮なCRにビックボアなEキャブが
高回転には効果大なのではないでしょうか。

おすと重いアイアンですが走ると軽いXLCRでした。
(クラッチも(笑い))

70年代のアイアンスポーツはかなりイケイケで面白いな〜






posted by トッポジョージ at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。