2015年06月03日

パンヘッド

パンヘッドの修理の模様を!
今日はここから。
s-s-s-013.jpg
ピニオン カムシャフトのブッシュの交換です。
s-s-s-015.jpg
圧入後ダウエルピンを打ち込み回り止めします。
の下穴開け中です。
s-s-s-016.jpg
バッチリ。

んでショベル等と違うのがこれ。
s-s-s-025.jpg
ケース側のカムブシュ!
レイトパン以降はケース側はB/Gですがパン中期までは
カバー側同様ブッシュが使われています。

まあやり方は同じなんですがブッシュvsブッシュなんで数字も
詰めないと駄目で作業がよりシビアになります。

ちなみ打ち替え後ラインリーム加工ってのをして
ブッシュのライン出しをそます。
その後ホーニングをして
クリアランスを整えます。

何でブッシュvsブッシュはB/Gよりシビアかって言うと
シャフトはブッシュとの間のオイル(油膜)の上を
滑りながら回わらなければなりません。
その隙間が広くなると当然がたがたになるし
油膜もやぶれます。

って訳で細かい隙間の中で芯を出さないと駄目なんです(汗)
なので相手がB/Gより作業が煩くなるんですね。

んでんでそのラインを出すスペシャルツール!
今作ってるんで次回ご紹介しま〜す。
s-s-s-027.jpg
んでピニオンシャフトのラインリームは!
目的は先程と一緒。
ラッピングを終えたピニオンレースにパイロットを
はめてそこを軸にリーミングします。
s-s-s-026.jpg
ここはクランクへのオイル供給の入口なんでまたまた隙間小さいです。
このブッシュの中はクランクシャフトが回ります。
小さなクリアランスの中回るのでクランクの芯出しも
シビアにこなさなくてはなりません。

んでホーニングしてクリアランス整え
実際使うシャフトに
選択したB/Gを組み込みシャフト単体で
回して抵抗なく回ればOK!

数字で確認して手応えで再確認しとけば
間違いはありません。
前も言ったと思いますがある意味クランクは分りやすいです。
手間かかりますが。。。

やはり考えるのは鋳鉄シリンダーの発熱やら動きやら
考えると。。。。

難しいです。

s-s-015.jpg
続いてここ。
サーキット&アイドラーギア!
アーリーまではギアが一杯あります。

シャフト ブッシュ共に打ち替えます。
ここのシャフト段付きになってましたので
交換しましましたがケースに修理後があり
少してんぱりましたが何とか
上手くいきました。

写真撮り忘れましたが。。
s-038.jpg
ここも少しきつかったのでホーニングして。

s-s-012.jpg

s-015.jpg
んでスラストのカラー作ります。
これも部品で出ていますが小さすぎて追いつかず単品製作です。
s-s-016.jpg

017.JPG
ここのクリアランスを整えるとノイズが少なるだけではなく発電も
安定します。
これは電装メーカーも言ってますね。
s-014.jpg

s-s-s-017.jpg
んで最後がこれ!
ブリーザーホールガタガタだってんでO/Sにケースを掘ります。
s-s-s-005.jpg
OK!
s-036.jpg
これがS&SのO/Sブリーザーギア!
この部品はかなりチューニング車用なんで
ノーマルパンあたりにこのまま組み込むと
不具合出す時あるんでタイミング変更等して組み込みます。

s-010.jpg

んでO/Sでさらに傷入っちった場合はこんな感じで!
スリーブを作り圧入&ボーリングでスタンダードギアで仕上げました。
ちなみにこの加工したは車両81年ショベリジ!

s-001.jpg

s-005.jpg
只今FOR SALE中ですので気になる方は
是非お問い合わせ下さ〜い。
s-015.jpg
E/G妥協なしでO/Hして組み込みますよ!

またまた長くなりましたので今日はこの辺で。
次回はオイルポンプ回りとスペシャルツール登場するはず!

こうご期待で〜す。


posted by トッポジョージ at 16:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ハーレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。