2015年02月11日

ツインカム O/H

この前組みあがりましたツインカムの模様!
s-003.jpg
アンドリュース26カムとS&SギヤドライブKIT。
ハイカム組んでパワーUPはもとよりギヤ化する上で抵抗も減り
レスポンスも高上するんじゃないでしょうか?

ツインカムは特にこの辺いじると激変するから面白いですね。
s-005.jpg

s-007.jpg
プレスにてインストール。
s-008.jpg
ここまでやったら絶対これ組むね!
フィーリングハイボリュームオイルポンプ。
色々騒がれている低回転の油圧も問題なしになりますね。
s-001.jpg
EVOまでの車両同様ポンプはセンターを出しながら
トルク掛けします。
少し古い車両とはやり方が違いますが目的は同じです。

トルコロイドギヤの大きさがノーマルと全然違います。
ハイフローカムサポートもそれに合わせた設計になっていますので
SETで組むと効果◎です。

ギヤ化 強化ポンプ共にE/G精度がノーマル部品組むより
よりシビアに求められて来ます。

今回はすべてをかなり追い込んでO/Hしてますんで問題なしですよ!
s-002.jpg
タペットは被害なしで再利用します。
s-003.jpg
ただO/Hするだけではつまらないでしょ!
って事で1600CCに上げます。
サンダンス製ローコンプピストン。
圧縮比8.5対1
パンチは海外部品のようなハイコンプの方が
あるでしょうがそこは日本の道路事情等
色々考えましてこちらを選択。

ちなみにこの圧縮比でE/Gのフィーリング全く変わってきます。
それぞれ特徴 面白さありますのでツインカムに限らず
気になる方はお気軽にご相談下さ〜い。

今ショベルをローコンプ仕様でO/H&チューニングしている車両
ありますのでこちらもまたご紹介します。
これもまたまた面白くなりそうです。
s-001.jpg
んでバルブ摺合せ等して。。
s-s-005.jpg

s-s-007.jpg
ハイカム組むんで当然プッシュロッドの長さもかわります!
S&Sのアジャスタブルプッシュロッドで調整です。
s-013.jpg
で完成って訳です。
今回はキャブは交換せずジェティングのみで点火を
ツインテックに交換しました。

せっかくなんでオイルタンクも外して洗浄しましたよ。
今後のオイルの汚れ方に影響しますからね。
s-025.jpg
って訳で初期慣らし開始します。
走った感想楽しみにしていて下さい。

っん!
前から見たら旧車だね!

車両の紹介はまた今度。

あ〜寒い〜!


posted by トッポジョージ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。