2008年04月03日

06ソフテイル〜カスタム オープンベルト編〜

只今カスタム中の06ソフテイル。
リア周りの模様をお伝えする前に、テックサイクルの
「アイソレーターシリーズエレクトリックスターターキット」&
「BDL3インチオープンベルト」の組み込みの模様を先にお伝えします。
テックサイクルのインナープライマリーを組み込む場合、
ピニオンギア&リングギアも専用品を使わなければならないのですが、BDLのリングギアとでは内径・厚みが異なる為、組み込めるように加工していきます。
s-DSC05933.jpg
内径の方はクラッチシェルを圧入できるギリギリの数値までもっていき、厚みの方はリングギアを規定の数値まで削っていきます。
s-DSC05915.jpg
削り終わったら圧入です。
圧入しやすくするようにギアーを細い火(バーナー)で炙って膨張させます。
s-DSC05920.jpg
あつあつになったらロックタイトぬってプレスで圧入です。
少しずつまっすぐに。
s-DSC05926.jpg
完成!
びしっと組みあがりました〜。
s-DSC05624.jpg
ちなみに「アイソレーターシリーズエレクトリックスターターキット」はバフ掛けしてピカピカ鏡仕様にしました〜。
いいでしょ?
オープンベルト組み込み準備終了。。
では車体に組み込んでいきましょ〜〜。
といきたいところですが、先にリア周りの加工をします。
かなり切った貼ったで火花が散りそうなのでリアが終わってから組み込むことにします。
(ピカピカが傷だらけになっちゃいますからね〜)
今度こそ次回はリア周りの加工組み込みの模様をお伝えします!


posted by トッポジョージ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。