2008年05月22日

06ツインカム、カスタム〜リア周り・フェンダー・ブレーキ編〜

06ツインカムカスタム、大分長いこと作業内容をお伝えできていませんでしたが、作業のほうは仮組みを終了して塗装の旅へと出発しております。。
中々どうして忙しくてブログでの紹介が追いつきませんで・・・
スイマセン。。
というわけで仮組みまでの模様を一気にお伝えしま〜す!
前回はホイールセンター出ししてチェーンライン出してノーマルスィングアームではノーマルキャリパーが入らないって事でしたよね?
s-DSC06300.jpg
というわけでPMキャリパー到着です。
ピカピカです。
フロントはノーマルでも問題なかったのですがどうせなら格好よくしようってことで、フロントリア共に交換いたします。
じゃあまずはリアフェンダーの組み込みからいきましょ〜。
タイヤの真ん中にセットしてマウント達を点付け溶接していきます。
s-DSC06289.jpg
続いてフェンダーブレスの製作です。
キャップボルト用の段つきカラーを4個作って(厳密にはスウィングアームマウントも入れれば6個です)このボルトを溶接していきます。
はい、ここの部分はスタッドボルトになるわけです。
s-DSC06296.jpg
溶接終了。
何でフェンダーブレス(支えの棒)にスタッドが、しかも4個も。なーーんて思う人もいるかもしれませんが組めば分かります。
(乞うご期待)で、またまた点付けしてセットアップしていきます。
ブレスはフェンダーに溶接してスウィングアーム部分に取り外しできるようにしました。
s-DSC06299.jpg
フェンダーセットアップが終わりましたらお次はシートマウントです。
s-DSC06417.jpg
で、お次はキャリパートルクロッドマウントの溶接です。
せっかくピカピカのPMスペシャルキャリパー付けるのでマフラー仮組みして隠れないところでキャリパーをセットしました。
s-DSC06425.jpg
ではお次はぶった切ったフレーム(フェンダーレール部分)の処理をお伝えします。
ココの穴なんか気になんないすか?
s-DSC06947.jpg
ってわけで鉄板はめ込んで溶接&穴埋め。
できるだけ自然に美しく!
今後溶接面削ってフラットにしていきます。
s-DSC06950.jpg
フェンダーブレス&スタッドボルトのわけはこういうことです。
ココがサドルバッグマウントになるわけです。
s-DSC06953.jpg
バッグを外したらこんな感じ。
化粧ナットを締めこんでフィニッシュ。
スパナ一本で脱着可能です。
このバッグは一年前にノーマルフェンダーに合わせて職人に作ってもらった物。
カスタムしたら使えなくなるなんてもったいないですからね〜。
それではフェンダー・スゥイングアーム外して本溶接に入りましょー。
s-DSC06961.jpg
本溶接中。
s-DSC06983.jpg
出来上がり!
それではフェンダーはウレタン、スゥイングアームはパウダーコート、ペイントの旅へと出発です。
s-DSC06980.jpg
只今車両はこんな感じ。
半分になっちゃいました。
次回はオイルタンクを外して溶接面を削り、フラットにしてフレームの方は一部修正(ペイント)して仕上げます。
それからフェンダー、スゥイングアームの塗装への旅から戻ってきましたらまたご紹介いたしますね〜。
コチラも乞うご期待☆


posted by トッポジョージ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。