2014年11月28日

HARLEY-DAVIDSON MODEL S 125

やっと充電系が整ったモデルSの模様!
unnamed (9).jpg
三崎口駅付近のコンビニPです。
一番元気よく登る時期を探しています。
ぶちゃけ10往復位はしてんじゃないでしょうか?!
何せ登り坂が苦手なもんで(汗)
unnamed (8).jpg
んで次のコンビニPでまたまたいじって。。
はたから見たら真冬の真夜中に何行ったり来たり遊んでんだよって
感じでしょうがやってる方は結構結構!真剣です。
unnamed (11).jpg
そんなこんな夜な夜なやっていましてどうにか三浦半島一周ツーリング?!
出来るようになりました。
unnamed (10).jpg
プラグのやけはこんな感じ!
4ストではかなりGOODですがこちとら2ストなんでもう少し
濃い方がいいのかな??
まあプラグのやけは目安なんで走りながらもう少し調整して様子
みましょう。

はっきり言って遅いですが段々そのノリも楽しくなって来ました(笑い)
何かこの子に乗っているとのんびりした気分に鳴ります。
この日は凄く天気が良く富士山が綺麗に見えてました。

写真撮り忘れましたが。。

トッポジョージの試乗コースは主に三浦半島1週です。
山あり谷ありで本当良い点検が出来ます。
平淡な道では気が付かない事が分ります。

んなこんなで調整修了かなって思っていたら。。。

015.JPG
コレぶっ壊れました(涙)
前から針踊ってて怪しいな〜って感じでしたが
完全にっちゃいました。

一難去ってもう一難(汗)

まあ良くあることですが。。。

このメーター治るかな〜

もう少しだけ続きます。




posted by トッポジョージ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

入国情報

珍しく2日連続更新です。
この調子でブログさぼらず行きたいところなんですが。。。

先週またまたアメリカより車輛が到着しましたのでご紹介です。
012.jpg

013.jpg
これまた状態の良い1998FXDSです。
この車両はクローム&ブラックE/ Gにウインドーシールド
とバックが付いた(この車両は付いてませんが)
ダイナのいわばツーリングモデル!
メーター回りもDLと違いライト上にあり見やすいようになっています。
アメリカではDLより支流なんじゃないでしょうか。
今回は女性のオーナーなんでローダウンもされて良い感じです。
一般整備&キャブ 点火を整えて納車します。

んで国内情報!
fxrs.JPG

fxr2.JPG

fxr3.JPG

1983 FXR−S 
車検 H28 6月
走行距離11154MI
車輛金額 1200000円+TAX(1296000)
(委託販売車輛)
珍しいショベルのFXRです。
こちらもかなりのローマイルな上にとても状態の良い車両です!
以前整備させて貰った時長めの点検をしましたが調子よかったです。

国産のバイク屋さんが所有しているのでメンテナンスもバッチリ
行き届いています。
最後に山形までツーリングに行って来たみたいですよ。
今回マニアっくなアイアンに乗り換えたくFOR SALEです。

なかなかショベルFXRでこのコンデションの物は中々ないのでは??

おすすめです!


んでんで海外情報!!
1990 FXR.jpg
こちらは1990EVO FXRのコンバーチブルです。
こちらも8500MIとかなりローマイルです。
94fxr.jpg
んで1994のFXR!
スーパーグライドですね。
こちらはなんと距離3900MIと超少ない上に
オリジナル度も高いです。

以上ダイナ入荷とFXR特集でした。

お問い合わせお待ちしておりまーす。

posted by トッポジョージ at 14:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

6Xジェネレーター

お疲れ様です。
今日はモデルS125(通称ハマー)の整備の模様です。

回転に合わせて点火時期が変化出来ない完全固定の
ポイント点火と格闘中!
夜ライト付けて試乗に行こうとした所
イヤーな感じでぐずり出しました(涙)
かぼそいライトがさらにかぼそくそれと共にE/Gもプスプスプスと。。
画像 003.jpg
はい。

発電不良です。

モデルSの発電機は点火システム 発電システムが
ハウジング内に組まれています。
んでその中に4個のフィールドコイルがありさらにその内側に
アーマーチャがクランクシャフトにキーで保持されてます。
E/Gの回転を利用してダイレクトに発電するって構造です。
この子はハーレーでも2サイクルモデルなんでカムシャフトも
無ければキノコ状のバルブもありません。
なんでこんなシンプルな構造になるんですね。
ちなみにブラシは4個あり2つはアースで残りはINとAUTです。
とまああんまり興味をもたれないモデルSの発電機の構造は
その辺で。

って訳でややっこし度ワースト3に入るジェネレーターの修理の
模様です。
画像 003.jpg
さっそく点検してみますと充電されているどころか逆に回転上げるとわずかですが
電圧が減っていきます。
電圧が減る原因の一つにアーマチャとフィールドコイルのリーク
ってのがあります。
ここがリークすると発電どころか電気が吸い取られてしまう事があるんすよ(涙)
画像 003.jpg
早速測定してみた所、結構結構!振ってます。
良いのか悪いのか分りませんが旋盤チャックの芯出しの用に
地道に背中曲げてコツコツ同ハンマーでやってると以外に芯出ました。
画像 010.jpg
念の為、光明丹チェックしました。
まあ100分代であたる程クリアランス狭くないですがね。。
マニュアルでは0.3ミリでした。
早速組み込んで測定した所結果は変わりなしです(涙)

次に考えられるのはブラシの摩耗ですかね?
画像 004.jpg
って訳でアメリカのマニヤな人が持ってました。
通常のハーレーのパーツと違い直接アメリカに注文しないといけないので
こんな小さなパーツでも一々時間かかります(汗)

見つかるだけましですが。。

って訳でまたまた測定!

やりました!!

充電圧マイナスは無くなりました。

が発電しません(W汗)
アンメーターで測定0.1A!
ボルテージにすると約3000回転で0.05V(涙)
発電ゼロに等しいです(W涙)
画像 019.jpg
充電系 点火系だけ配線引いて点検。
オルタネーターと違いジェネレーターは色々とややこしくて
他の電気系のわずかなショートでも発電に影響出すことがあります。
まあ関係無かったですが。。

んで他を測定。

フィールドコイル抵抗2.9Ω。

何か少ないよううな気もするけど?。

テスタ上ではリーク無し。

何分珍しい車種です。

頭の中で色んな事が転々と。。。

でも直流発電機って事は同じなんで。

何か自分に言い聞かせてるみたい(笑い)
画像 002.jpg
レギュが動かなければジュネも発電しないし。

カットアウトE/Gかけながら直断してみたり。。

容易に入手できるパーツはは無駄に交換してみたり。。。

部品一つ一つのお仕事を改めて深く勉強し直しててみたり。。。。

当然この構造なんでモータリングテストもできませんし。。。。。。

まあ良くあることですが段々頭がパニックになって来ました(汗)

画像 008.jpg
残されるところはここしか無いみたいです。。

アーマチャ!!
これがリークすれば当然発電しません。

このアーマチャはこれまた面倒で専用のグローワーテスタじゃないと点検ができません。
普通のテスタではリークが確認できないんですよ!
030.JPG
当然うちにはありませんのでマニュアルの写真で!
んでここがリークしますとコイルまき直しをしないといけませんがこれまた
日本では数えるぐらいしかやってくれる電装屋さん無いです。

ハーレー程リプロパーツの少ない英車屋さんやイタ車屋さんはイギリスに
送ってまき直しするって事も結構聞きます!

何とか日本でもやってくれる所ありますので
早速送ってまずはグローワーテストです。
002.jpg
ちなみにコレアーマチャプーラーです。
これもアメリカのマニアな方が持ってました。
001.JPG
写真撮り忘れたのでまたまたマニュアルの写真で。
これの原理はアーマーチャにリムーブ用のネジがあり
その奥のクランクシャフトがどん付きになり。。。

もういいっすね。

誰もやらないでしょうがやれば分ります(笑い)

って訳で早速点検結果が来ました。

予想道りアーマーチャが内リーク状態(涙)

しかも最悪な事に先端のコンミテーター(ブラシがあたる所)も
リークして使えないとの事です(W汗)
このコンミテーターはもっと厄介で昔から修理不可って
言われています。

真面目にお手上げです(涙)

電装屋さんにも色々部品の入手が困難な事など話して相談したと所

なんとなんと電装屋さんが横の繋がりでコンミテーターを
特注で製作してくれる工場(おそらくモーターなどのメーカ?)
探してくれて修理可能って返事が!!
019.jpg
ジャジャ―ン!

見てください。

この黄金に輝くアーマチャ(笑い)

今日はこれをつまみに一杯飲みましょう?!

コンミテーター作れたんですよ!

コイルのまき直しも素敵!!

絶縁なんて凄く美味しそうじゃないですか〜(笑い)

本当感謝です。

トッポジョージはかなりテンション上がってますが
何分地味〜な部品なんで誰に話しても反応が鈍いのが
不満ですが。。。

ちなみにフィールドコイル!抵抗値以外で
もっと分りやすい点検方法も電装屋さんに教えてもらいました。

何か嬉しくてこんな長〜いブログになってしまい
すみません。
最後は組んで測定してみないと分らないこの手の
修理のおきてなんで。

こんな時はいつも以上にドキドキしますがE/Gかけて測定しました所
無事に回転上げて1V位発電してレギュレートされてます(パチパチ)

それにしてもこの車両でこんなにジェネレーターの事
勉強になるとは思いませんでした(笑い)

こちらも感謝です。

こんな地味〜な長〜いブログ最後まで読んでくれた方有難う御座います。
ではではみなさん6V 12V問わずジェネレーターの修理お待ちしていま〜す。
005.jpg
ライト眩しい!

ちょっとだけパワーUPしたトッポジョージでした。




posted by トッポジョージ at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

コンロッド

今回はコンロッドの修理の模様です。
画像 027.jpg
オーバーサイズB/Gで取りきれなくなったロッドレース!
の打ち替えです。
専用治具を使って抜きます。
グッグッグッといい感じで圧入されてました。
画像 030.jpg
レースはJIMS製を使用します。
このJIMSレースはメカニックの中では評判悪いです(笑い)
なぜなら外径は大きく内径は小さく設定されておりますので仕上げるのに
かなり時間が掛かります(汗)

他社にもリーズナブルな上仕上げるの楽なパーツ沢山ありますが
どれを取っても緩い上に軟らすぎて良い仕上がりにならない上耐久性に欠けます(涙)

なんで大変だけどJIMS使います。。
画像 036.jpg

s-画像 037.jpg
本当に外径大きいのでこのままではとても圧入出来る代物ではないので
まずは削って。。。
締め代いくつで取るかが肝です。

以前JIMSにこのまま入れると割れるよって苦情?出した時ありましたが
色々なロッドに対応出来るように外径大きく設定してる。

カタログにも数字記載あるから見てよって!

実際ジャストな数字ありました(笑い)

004.jpg
こんな感じで専用ツールで圧入します。
これまたJIMSですが(笑い)
特にRロッドなんかは真っ直ぐ入れるのに気を使います(汗)
008.jpg
んで圧入終了!ポンチでカシメてこれまた終了!
008.jpg
んでんで鬼のラッピング(涙)
これまた本当に内径小さいので仕上げるのが
かなり大変です。
旋盤の前で削っては測定を繰り返して
007.jpg
良い感じです。
ぶっちゃけこの作業はかなり骨が折れるというか
肩や腰やら痛くなります(涙)
普通のラッピングとはまるで違います。
001.jpg
ちなみに今回もスチールケージ使います。
当然B/Gはスタンダードです(嬉)

やっぱ鉄の方が強いよね?!

これまたまたJIMS製ですが。。。

すみません。
けしてJIMSの営業マンではないですが他に良いのが見つからないので。。。
009.jpg

012.jpg

016.jpg
んでスモールエンド入れ替え リーミング ホーニングして
013.jpg
コンロッド再生終了でーす。

まあこの後ロッドのアライメントてのがありますが。。

それはクランク組んでから最後の工程なんでまた後で。。。

では次回はギヤBOX内の加工をご紹介をしまーす。

では。








posted by トッポジョージ at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

入国情報

またまたご無沙汰しております。
何か初めの挨拶の定番になって来ました(涙)
沢山お伝えしたい事はあるのですが。。。

っ訳で前回港に引き上げに行ったハーレーの紹介です。
012.jpg
1978 XLH1000 75TH ANNIVERSARY
75周年記念モデルです。
この子はジョージアからやって来ました。
良い所ですね(笑い)
015.jpg

014.jpg
ゴールドは75周年記念の証!
状態もかなりGOODでオリジナル度も高いです。
011.jpg
車両の状態も良いですがこの綺麗なバタフライもケイヒン好きには
よだれが出ます(笑い)
017.jpg
んでんで距離約4700MIの低走行な上にワンオーナー車両です。
しかも放置車両ではないので簡単な整備ですぐにE/Gかかりました。
前オーナーがいかに大事にして来たかが分ります。
Gタンク内もしっかりコーティングされていました(嬉)

当然ノーレストアなんで安心度◎!
ノーレストア車両の魅力は前にもお話しましたがメーカー以外に誰も
さわっていないE/Gってのもかなり魅力ですね。
ある意味本当のショベルに乗れるかもですよ??

色んな旧車を見てきていますがやはりメーカーはしっかり組んでいます。
無駄にE/Gなど開ける必要のない車両ですね。

っ訳で本日点検がてら臨バンとって実走で新規登録行って来ました。
もちろん往復約100kMの道中トラブル無しでしたよ。

019.jpg
んでこれがいじり壊されたアイアンの部品(汗)
本来カムカバー内の保持はブッシュなのですが何故かニードルに打ち替えられています。
写真を良く見れば分るでしょうが2番カムとピニオンは恐らく純正ブッシュでしっかり
クリアランス確保されてる上芯も出ています。

元々ケース側はニードルで遊びを取りカバー側はブッシュで
クリアランを詰めています。
(EVO以降からはケース側共にブッシュになりよりシビアになりましたが)

これではカムが踊ってしまいます(涙)。

かなり愚痴っぽくなりましたがカムカバーいじられると
本当に後々の修理に悩まされます。

これを治すには賭けで程度の良い純正カバー探して試してみるか
クランクを割ってライン出しをするしかないいんですよ(汗)
かなりの大工事になります。

て訳でみなさんカムカバーは大事にしましょう(笑い)

画像 008.jpg
んでアイアン繋がりって事でトルコロイド式オイルポンプのO/Hの模様です。
77年からアイアンは現行車と同じようにトルコロイド式に変わり
かなり油圧が上がりましたね。
画像 004.jpg
オイルポンプボディーとローターの隙間で油圧が左右されます。
(それまでのギヤ式も同じ事ですが)
画像 006.jpg
マニュアルにもそこのクリアランスを細かく指定しています。
広い場合はこのように定盤研磨して整えてます。
これまた地味な作業ですがこれで丈夫な心臓?が出来るのならGOODです。
画像 007.jpg

話はいきなり修理ネタになっちゃいましたがとても安心出来るアイアンスポーツのご紹介でした。

今月中旬これまた綺麗なEVOダイナが入国予定ですので届きましたら
またご紹介しまーす。

いや〜それにしれもこの年代のアイアンスポーツは本当良い走りします。
では。
posted by トッポジョージ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

入国情報

最近すっかり秋っぽくなって過ごしやすく
なって来ましたね。
注文していましたハーレーが港に到着したとの事で
一昨日の水曜東京に引き上げに行って来ました。
140910_1125~020001.jpg
やはりハーレー沢山入ってましたよ。
140910_1147~020001.jpg
んでトッポジョージのお目当てはこれ!
この車両もかなり興味深い車両なんで楽しみです。

詳細はまた後日ご紹介しまーす。

最近は陸送をお願いしてお店まで運んでもらう事が
多かったですがたまに港に引き上げに行くのも良いですね。
何でか判らないですが港ってテンション上がります(笑い)

追加業務連絡
来週月曜(15日)〜水曜(17日)までお店を
お休みします。
妻の実家(東北)に行く予定が出来まして。。
急な連絡ですみませんが宜しくお願い致します。
posted by トッポジョージ at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

motor cycle swap meet

019.JPG
毎度ギリギリですが本日準備終了!
今回も掘り出し物掘り出してくださーい!! 
030.JPG
今回イベント特価商品持って行きますので
乞うご期待です。

021.JPG
んで話は変わり只今製作しています70s!
いい感じにかち上がりました(笑い)

車高約30cm!

イカしてます。

程々のストレッチ(それでも4in程度伸ばしてますが)
今回ネックかなり立てて計算バッチリ出てますので
ハンドル超軽いと思います。

置いて絵になるのはもちろん乗ってかっこいいチョッパーを
目指して組んでいます。

最近は修理ネタが殆どでしたがchopper buildも大好きです。

チョッパー好きでこの業界に入った時の事を思い出します。

ではでは明日7日はお台場でお会いしましょう。                          
posted by トッポジョージ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

スワップミート

またまたご無沙汰です。
この暑さでついにパソコンダウンしました。
もともとパソコンにはそれほど依存?していませんが
やはり使えないと困りますね。
046.JPG

050.JPG
って訳で新しくなりました。
当然ですが動き超早いです。

って事でブログ更新します。
今回はイベント情報!
9月7日(日)にお台場でやるモーターサイクルスワップミート
参加する事になりました。
http://www.mooneyes.co.jp/msm2014/
それに従い9月7日はお店はお休みします。
まだ全然準備していませんが掘り出し物あるかも?!です。

ではではお台場でお待ちしておりまーす。
posted by トッポジョージ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

ツインカム芯出し

またまたご無沙汰です。
相変わらずバタバタしています。

お盆ですね。
んで暑いですっね。

まずは業務連絡です。
トッポジョージMCはお盆中も定休日(水曜)以外は営業していますので
是非宜遊びに来て下さい。

s-画像 042.jpg
って訳でツインカムの修理!
カムB/G破損で傷ついてしまったピ二オンシャフト(涙)
オイルラインにふたしてフライホールごと旋盤にかけて
研磨してなんとかキズとれました。

s-画像 039.jpg
EVOまでのテーパー式と違う圧入クランク!
今回かなり上手く芯出し出来ました

フライホイールは性格がバラバラで素直な子もいれば
ねじれた子もいます。

芯だししていると俺ってスゲーな〜ってすぐ終わる時や
俺ってダメダメってかなり時間掛る時もあります。
本当上がったり下がったりです。

まあズレ癖付いてるのが難しいのでしょうが(汗)
あの手この手使って毎回抑え込んでいます。

s-画像 050.jpg
ちなみにコレが調整スタンドの他に芯だしに使う道具です。
特大銅ハンマー(鉛も)とシャコ万バールと薄く削ったボルトナットです。
結構荒っぽい道具ですがこれでかなり小さい数字まで抑え込みます!

ダイヤル固定用の極太主柱のマグネットベース!
フレキシブルのやつやらなんやら色々使いましたが
コレが一番安定して数字を確認出来
調子良いです。

って訳でとても素直なフライホイールでした。
s-画像 046.jpg
お次はこれ!
傷ついたピ二オンシャフトブッシュ!!
ツインカムも以前の車輛同様クランクビックエンドにオイルを供給する
とても重要な部品です。

もう作戦は立てていますがすんなりいくかな〜??
って言うか上手くいかないとまずいです。
頑張ります。

ではではお盆中のご来店お待ちしておりまーす。




posted by トッポジョージ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

オイル

またまたご無沙汰です。
最近ヤバい位に忙しいです(汗)

頑張ります。

って訳でブログ書きます。
s-画像 021.jpg
更新サボってたら燕の赤ちゃん達メチャクチャ大きくなりました。
本当毎日癒されます。

そうこうしているとついに!
s-画像 026.jpg
感動のシーンも見れました。

s-画像 028.jpg
トッポジョージが助けた(笑い)一回巣から落ちてしまった末っ子の
チビちゃんも無事に大きくなりました。

末っ子なんで飛ぶのも最後ですね。
飛び立つ所を見ていますと初めは親鳥が教えながら練習していましたが
最後のこの子は上の兄弟達が教えているようでした。

こんなマジマジ自然界の巣立ちを見れて感動しましたが、
それ以上に立派だな〜と感心しました。

最後の子が飛んだ次の日。。。
s-画像.jpg
当然ですが何も言わずに巣だって行きました。
全員飛び立つとすぐに出発するんですね。

無事に皆巣だってくれて嬉しいいのですがちょっと寂しいです。
今頃は何処を飛んでるのでしょうか?

すっかり寂しくなった数日後。。。
s-画像 004.jpg
戻ってきました。

親鳥でしょう。
大体2回位産卵するって話は聞いていましたが。

何かかなり嬉しいです。
まだ卵は産んでいないと思いますのでお気に入りのミラーの
上で仲良く寝ています。

燕特集まだまだ続きそうです。

って訳で今回はオイルのお話。
s-画像 032.jpg
オートメーター油圧ゲージ!
只今初期慣らし運転している車輛が数代あり夜な夜な走っていますが
毎回ゲージを付けて油圧を確認しながら走っています。

油圧ゲージもアバウト?な物が殆どですがオートメーターは
レースでも仕様されているようにかなり正確に測れます。
少々お高いですがうちではツールなんで。

一番気になるアイドリング時の10psi以下の数字も細かく見れます。
ちなみに最高記録は高速、下道と走り込んでアイドリング時で15psiです。

いかにここの油圧を上げれるかがトッポジョージの楽しみ?!です。

s-画像 002.jpg
んで前から気になっていたアッシュオイル使ってみました。

仲間内(同業)でも評判良く他のオイルメーカーの人にも失礼ながら
聞いてみましたが中々良いみたいですよって感じの評価です。

初期慣らし中は納車前に数回オイルチェンジしますので入れ比べ油圧見てみましたが
やはし油圧は少し上がりました。
(元々使っているスペクトロも良いオイルなので激変はしませんが。。)
それより一番体感したのが少しの休憩で冷めやすいって事が驚きでした。

5分位の休憩で針がいき良い良く上がりました。
E/G等組み立ての時はかなりの発熱があります。
初めの100キロ位はかなり慎重に走らないと駄目です。
トッポジョージも車の空いている夜を決まったルートで
慣らし運転します。
なので組んですぐは納車出来ません。

E/Gの発熱が大いいって事は当然オイルもサラサラになります。
成分も壊れます。

当然そうなれば油膜も落ちます。

油膜が落ちればそこを滑って通る部品(ピストン B/G等全て)
もかじります。

かじると傷つく上に余計に熱を持ちます。
って言う悪循環ですね。

そこをいかに抑えるかって言うのがオイルの性能ですね。

慣らし中はオイルの性能がいつも以上に重要な時期でもあります。

って言う訳でアッシュオイル!

良いオイルです。

シングルオイルは通常のスペクトロとアッシュオイルを
今の所は両方取り扱いしようと思います。

オイル気になるかたは問い合わせくださーい。

油圧ゲージにライト付けたい今日この頃のトッポジョージでした。
posted by トッポジョージ at 12:32| Comment(4) | TrackBack(0) | ハーレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。